関節ファシリテーション(Joint Facilitation,J.F. )と痛みについて

 関節ファシリテーション( Joint Facilitation, J.F. )とは、関節の中で起こる関節面の動きを利用して痛みを治療する方法で、1979年から約20年かけて、 宇都宮初夫理学療法士によって開発されたこれまでにない新しい西洋医学の治療法で、現在もなお更に効果的な治療にと開発研究が続けられている。

 関節の中の動きが障害されて痛み、しびれ、筋力低下、めまい、耳鳴りなどの症状を訴えて病院を訪れる人は非常に多く見られる。 これは関節の中の動きを改善する治療によって症状が消失することからわかってきたことである。従来、痛みは神経の刺激によるものだと考えられてきた。しかし、脊椎の変形、 分離症、すべり症、脊椎管狭窄症、椎間板ヘルニア、股関節・膝関節の変形等に伴う痛み、あるいはむち打ち症、切断肢の痛み、脳卒中の肩痛等変形以外の疾患に伴う痛みは、 JFで消失するものが多いことから、ほとんどの場合その原因にはならず、関節の機能異常(病気によるものではなく、関節の動きがなくなるもの)によるものであることがわかってきた。

 痛みはそもそも色、形、臭いもなく、身体のある部分に異常があることを、”警告”するという意味のものである。それゆえ医学では痛み自体は治療対象とはならず、 痛みの原因が治療されるべきであり、麻酔注射、頓服薬、座薬などの対象療法によって安易に痛みを抑えることは厳に慎むべきことなのである。原因が分からず、 まず痛みのみを感じなくすると、この症状を引き起こした本体である病気もしくは関節面の滑りなどの障害である機能異常が隠れてしまうため、診断を誤らせる原因となりえる。

 JFによって消失する痛みは病気によるものではなく、関節機能異常によるものであり、けが・炎症以外で痛みを訴えて病院を訪れる患者の中ではその数が最も多くみられる。 また機能異常に対してはJF以外に治療法はない。したがって、身体のどの部分の痛みを有する患者も、ますJFを受けてみる価値は十分ある。痛みの原因診断は、 ある治療を行った直後に痛みが消失して初めて確定診断がされる(治療的診断)ものであり、JFはここにおいて最も大きく活躍するが、この使用法は医師によってのみなされるものである 。(理学療法士は、医師の指示によって治療を行う職種である)

 以上のように、JFの登場は、これまで原因不明であった痛みの原因診断を確実にし、治療を有効にするまさに”医療技術の大革命”といえる。

戻る