関節ファシリテーションとは?

例えば、立ち上がったり階段を上ったり下りたりする際に、膝に痛みを覚えるという人は世の中にかなりいます。

 この場合、
・老人だから仕方ない
・レントゲンで変形があるから
・水が溜まっているから
・体重が重いから負担がかかりすぎる
・筋力が弱いから

 病院ではさまざまな原因を挙げて、膝関節に痛み止めの注射を打ったり、あるいは注射器で水を抜かれたり、人工関節の手術をしたり、しています。

 ところが周囲の人を見ていると、一方では小学生の子供に痛みがあるのに、一方ではどこも痛くなったことのない老人もいます。
 変形や腫れがあるのに痛がらない人もいれば、腫れがないのに膝が痛いという人もいます。
 太った人なのに膝が痛くない人もいますし、痩せた人でも痛いという人もいます。
 また、プロレスラーなど筋力の強い運動選手でも膝に痛みを訴える人がいるなど、病院でいわれていることが納得できない場合もかなり多いのではないでしょうか。

アメリカの整形外科医マクメンネル博士は、痛みを訴えて病院を訪れる患者には、原因として関節機能障害が最も多いと 言っています。
 この関節機能障害というのは病気ではありません。関節がいわゆる“引っかかり”とか“さび付き”といった状態になっていることを指します。
 動かされる関節が何らかの原因でその動きを失っているか、正常とは異なる動き方をしている状態で、その痛みは烈しい痛みから軽い痛みまで、人によって、あるいは場所によ っていろいろです。
 この状態が長く続けば痛みはその関節にとどまらず、その関節とは遠く離れた場所にまで広がることもわかっています。

 例えば、腰にある関節に機能障害が起こっているのに痛みは膝に感じるということもあるのです。 体の中には200余りの関節がありますが、特に関節機能障害の起こりやすい関節というものがあります。
 背骨にある関節、鎖骨の関節、手のひら、足などのように小さな動きしかない関節は、機能障害が起こりやすいのです。
 これらの関節に対して、手技による調節で正常の動きが起こるようにすると、直ちに痛みが消えることが多く見られるようになりました。 どの関節からどこに痛みが出るかまでもわかってきましたが、どうしてそのような障害が起こるかという原因はいまだにわかっていません。

そこで当研究会を作り、現在痛みを訴えている人と、関節の運動の専門家である理学療法士、作業療法士が参加し て関節機能障害が起こる原因をみつけだすこと、及び機能障害の治療法の確立を最大の目的として活動しています。